20日目

 廃墟と化していたこのブログに検索なんかで辿り着いている人は、ぼくがハマっていて聖地巡礼までしたひなビタ♪のページか、昔のアニメの感想なんかに辿り着いているんだけど。特にPVが多いのがちょうど3年前に書いた面白いアニラジを発表するという記事なんだよね。3年前のことだからもう情報も古くなってるんだけど、その記事でぼくが褒めていたラジオ番組は現在でもまだ続いていて、逆にこき下ろした番組は終わっているのでなかなかその当時見る目ならぬ聞く耳を持っていたなと思った。

 それで今はどうかというともう完全にアニラジを聞かなくなってしまったね。アニメも見なくなったんだけど。これはライフスタイルの変化だと思う。何が一番変わったかって、ハクスラゲーを一切やらなくなったことだ。

 ハクスラゲーとは。もともとはTRPG用語でその由来はハックアンドスラッシュ。つまりひたすら斬ることだと思うんだけど。オンラインゲームの1ジャンルとして存在していて、まぁとにかくモンスターを倒すことが至上命題のゲームだ。プレイヤーはモンスターを倒すことで経験値を稼ぎ、アイテムを得て、強くなる。強くなるとどうなるかというと更に強いモンスターを倒せるようになって、強いアイテムを得て、更に強くなるという感じ。強さがゲーム内で設定された天井にまで上り詰めてしまったらどうなるか?ゲームの運営者はゲームをアップデートし、天井を引き上げ、更に強いモンスターが居るダンジョンを実装し、そこで手に入るもっと強いアイテムが、とサービスが終了するまでインフレし続ける。手段と目的が一致したひたすら闘うゲームだ。説明していて思ったが、これはただの無間地獄だ。

 こういうゲームにぼくは高校生ぐらいからハマっていて。こういうゲームは大抵時間をかければかけるだけ有利になる作業ゲームだから、アニメなんかの動画を見たり特にながら作業に向いたラジオなんかはもっぱらゲームをやっている最中に聞いていたものだ。今現在やっているゲームは主にプレイヤー本人のテクニックが問われる系統の対戦ゲームで、ゲーム内の音も技術に関連する重要なファクターになるからながらで何かを聞きながらプレイすることはできなくなった。

 世の動画共有サイトなんかを見ていると、作業用BGMなんて銘打っているメドレー音楽の動画とかがあるけれど、その動画を見ている人たちがしている作業ってなんなんだ?と思っている。実際仕事だったり学業に関わる作業があって、そのお供に使われていることもあるんだろうけど、こういった動画の利用者の大部分はハクスラゲーのような作業ゲーのお供にしていることが多いんじゃないかと思っている。

 作業ゲームが続けられるかどうかって、そのお供にするながら見コンテンツの面白さにも関係があると思いませんか。今思うとなぜあんな膨大な時間をハクスラゲーに費やしていたか、考えてみるとながら見コンテンツが膨大にありすぎたんだと思う。

 10年ちょっと前からyoutubeだのニコニコ動画だのの動画共有サービスが台頭してきてインターネットは動画コンテンツが支配し始めてきたんだけど、動画をただ見るのってぼくにとっては結構苦痛だったんだよね。映画館にあまり行かないのも2時間弱ただ座って見ているのが辛いからかもしれない。ながら見は集中力を増大させてストレスを低減してくれる。

 時間がきたので終わります

広告を非表示にする

19日目

 
 
 

 悪口をテーマにブログを書こうとすると意外と自分の中から言葉が出てこないということに男子ごはんの回で気づいたので、今日も実験的に悪口を言うためのブログを書いてみようと思います。ある百合マンガが気に入らないという話です。

 マガジンウォーカーというカドカワ系の雑誌が読み放題になるサービスに加入していて、そこではカドカワ系列の出版社の漫画雑誌とか、オタク情報誌がほとんど取り揃えられていて月額500円でもう2冊か3冊読むくらいで元で取れる良いサービスなんですよ。読みたいマンガが1本くらいしかなくて買うほどでもない雑誌を読めるので非常にありがたいですね。

 そのマンガ雑誌のラインナップに当然電撃大王もあるんですが、やがて君になるを読みてえと思って読んでるんですけど、今年の8月号から新たな百合漫画が連載し始めたんですね。エゴサーチとかに引っかかりたくないから作者名もタイトルも言わないんだけどまぁ気になったら8月号の新連載で調べてください。

 で、そのマンガがどういう話かというと。家庭環境が悪いけど容姿の良い少女が集められて、なんかいい感じの教育を施したら世の富豪に少女を売っぱらうという全寮制の女子学校が舞台なんですよ。このマクガフィンに文句をつけたくてたまらねえ。

 まずそんな学校作ってまで少女趣味をこじらせてる世の富豪がどれほどいるかって話ですよ。学校には特進クラスと普通クラスとBクラスみたいなのがあって、多分生徒数で言うと3クラスはあるわけだから50人じゃきかないですよね。仮に100人としますけど全寮制で100人の生徒とそのスタッフを維持する費用って女一人ひとり売っぱらった金では到底まかなえませんよね。学校を維持するために富豪寄附しまくりだと思うんですけどそんな自転車操業の学校どうなのっていうのと。

 あと富豪は少女買ってどうすんのって話ですよ。富豪ですから当然社会的地位を持っていて、家族があって、妻子があって、家があるわけですよ。家族と住んでる家になんて買った少女は引き取れませんよね。だからマンションでも買い与えてそこに住まわせて抱きたくなったらそのマンションに通うしかないわけですよ。これ、週に何回抱けます?

 富豪なので仕事も忙しいですよ。こんな学校を設立してるくらいですからちょっとした成金ではこの事業には関われません。会社経営か政財界の大物ですから周りの目も厳しいですよ。少女としても買われたのに週に1回抱きにくるかこないかくらいの生活ですよ。それ以外の時間は全て自由でお金も潤沢にあるんですよ。世の女性に聞きますけどこれからそういう生活になりますけどいいですか?って聞いたら3割くらいはめっちゃうれし~ってなりませんか。この学校ぼくから見たらどう見ても人生一発逆転の装置なんですけど、この学校にはそういうこと考えてる子が一人もいないんですね。

 少女の賞味期限の話も考えると嫌になりますよね。大体15歳前後の子が学校にいてそのくらいの歳で売られていくんですけど、何歳まで富豪に面倒みてもらえるんでしょうね。富豪ですから次から次へと少女を買いますよ。週に1回抱きにくるかこないかくらいでお金が自由に使える生活は何年続くのか。

 あー、Bクラスになると劣悪な環境での奉仕活動があるみたいな設定があるんだけどこれもうヤクザじゃん。なんなのこの設定。

 まとめると、この学校は少女をひとりひとり売って送り出すよりデリヘルにした方が効率いいよねって話でした。どうしても学校にいるうちに少女同士で愛しあわせたいなら特殊な病人集めるサナトリウムにした方がマシだけどそんなのありふれてるからこういうセンセーショナルに性的な設定にしたんだろうけど破綻しててクソだなあ

 時間がきたので終わります

 
広告を非表示にする

18日目

 燻製やりたいんですよ。

 けどなんか燻製ってパリピとか陽キャの遊びって感じしませんか?燻製をすすめるものの本なんかを読むとまず燻製を一緒にする仲間を見つけろとかから書いてあるんですよ。殺したろかって思うんですけど。バーベキューとかにお手製のスモーカー持ってきてんじゃねーぞって感じですよ。

 燻製マンガのいぶり暮らしってあるじゃないですか。あれも恋人同士で燻製を楽しむマンガなんですけどムカつきすぎて読むのを辞めましたからね。燻製は一人で楽しみてえ。燻製ソロプレイヤーこそ正しいあり方だと世に示していきてえ。そういう意思を持って燻製を始めたい。

 それで一人でやるからには当然野外ではなくて屋内の、できればキッチンの換気扇の下のガスレンジでやりたいですよね。けどインターネットで燻製のやり方を調べてもどいつもこいつも持ち家の庭とかでやってるんですよ。一人で燻製を自宅のキッチンで楽しんでるやつ、インターネットに発信してない。陰の者も極まってるなという感じです。

 燻製やりたいんだけどいざやってみて自分に合わなかったら嫌だなあと思ってアマゾンで売ってる1000円くらいのダンボールスモーカー使ってみたいんだけど、これは煙が結構外に漏れ出すタイプらしくって屋内での使用はもちろん、集合住宅のベランダで使うこともあまり推奨しないという感じで。やっぱりフタがしっかりしてる深めの燻製専用鍋を買うしかないかなと思っております。

 燻製への情熱がそのうちもうちょっと高まったら燻製鍋を買うと思うので燻製の話の続きはまた今度ということで。

 あとはー、今日ルマンドアイスを食べましたね。あのブルボンのルマンドがアイスになってまず新潟かどっかだったかな。地方から販売されて。そのうちに販路が拡大されて東海地方にもやってきたそうなんで食べました。バニラモナカの中にルマンドが入っているアイスで味の感想としてはモナ王ルマンドを同時に食べた時の味です。東京モンがまだ食えないものを食ったということで東京モンにマウントをとりてえという地方の民は今のうちに急いで食べましょう。

 携帯メモ見ました。音ゲーと書いてあるので音ゲーの話をする。最近またちょっとjubeatが上手くなった気がする。去年くらいからスマホ音ゲーの流行も最盛期を迎えておりますが、そういうのには一切手をつけずに一心不乱にアーケード音ゲーをプレイしているわけなんですけれども。というのもぼく同じ曲を何回も何回もプレイする設計のゲームがどうにも続けられないんですね。jubeatでも同じ曲を連続プレイすることは一切ありません。

 アイドルマスター音ゲーを一瞬インストールしたことはあるんだけど、スタミナのあるかぎりだけしかプレイできないうえに曲数もそんなに多くなくて続けられる気がしなかった。スマホ音ゲーじゃんじゃか出てますけど曲が絶対的に不足してるのによく成立してるなあと思います。みんな同じ曲を何回もプレイしてあのノーツが押せただの押せなかっただのと細かいプレイングを気にできるんだなあ。

 あ、スマホ音ゲーjubeat plusをやってたわ。なんとこのゲームはアーケードにも収録されている楽曲を4曲500円で恒久的にプレイできるようになるんですよ。本当にガチャにお金を払ってる人を見ると意味がわからなくて頭がおかしくなって死ぬんですけど、このゲームはまだこういうとこ良心的だなあと思って月1000円くらい課金して遊び倒しています。収録曲も1000はいかないまでも500くらいは

 時間がきたので終わります

広告を非表示にする

17日目

 
 
 

  今乗ってる自転車にまつわる話。をしようと思ったけど前の自転車に結構思い入れがあるから前に乗ってたやつから。

 前の自転車は5万円くらいのコンフォートクロスバイクで5年くらい乗っていました。タイヤが37cとかいう太さでかなり太い部類。町中で走ってる「あの自転車タイヤ細っ」って思うやつが大体23cくらいだと思ってください。この差だけでかなりタイヤが太いのがわかるでしょう。買ってしばらくして物足りなくなって32cのタイヤに履き替えたくらいです。

 フロントフォークとシートのあたりにサスペンションがついててまさにマウンテンバイクとロードレーサーの中間というよりもマウンテンバイクの方に寄りかかってる自転車でした。重量も15kgくらいあったのでママチャリより少し軽いくらいですね。それでも乗り心地はよくてサスのおかげでお尻も痛くならないし、それでいてママチャリよりはスピードも出るし、ママチャリみたいにサドルが低くてハンドルが高くなってて上体を伸ばした状態で乗るような自転車じゃないから、いくら乗ってても疲れなくって自転車に乗る楽しみがより増すようになった思い出の自転車ですね。

 それで今乗ってる自転車は実は貰いものの自転車なんですけど。知人がある日自転車に興味を持ち出して、ぼくが自転車好きなのを知っていたから相談に乗ったことがあったんです。それでぼくは漫画「のりりん」(弱虫ペダルではないところがオタク)で仕入れた知識を披露しながらロードレーサークロスバイクの違いは~とかイタリアの老舗自転車店を守るためにロードレーサーのレギュレーションは~とか講釈をたれていたわけです。

 その知人の自転車に対する欲がついに絶頂を迎えた時に自転車を買ったんだけど、初めて乗ったその日に思いっきり転倒してケガして帰ってきたそうなんですね。それでその日以来自転車に対するネガティブな感情がすごくて。このままだと自転車辞めてしまいそうだからなんとか励ましていたのだけれど最終的に自転車を譲り受けることになってしまった。もう自転車を手放してえという意思がハンパなくて防犯登録をぼくに移し替える手続きの方法なんかを調べだしてグイグイくる。

 それで貰い受けたのがジオスのアンピーオというフラットバーロードです。ちょうどぼくも自転車を買い替えたいという時期だったのでありがたく乗らせて貰っているのだけれど、譲り受ける前に本人に車種を聞いたら「ジオスの青いやつ」というのでいやいやジオスブルーのやつは大体青いだろと思ってたんだけどまぁミストラルかなあと思ってたところにフラットバーロードがきたのでちょっとビックリしていた。

 というのもほとんど街乗りしかしないぼくにとってはロードバイクは拡張性がなくてちょっと思ってたのと違うところがあったりして。前の自転車には前カゴもフェンダーもつけてママチャリと同じような使い方をしていたものだから。フレームにダボ穴もなくてリアキャリアをつけるのも難しく、前カゴなんてつけようものならその重さでハンドルがとられかねない。軽く流したくらいで速度が30km/h出るような速い自転車でそんな危険な走りはできないし。

 ってそんな悩みはいいんだった。それよりももらったものを明らかに自分色に染めてしまうような拡張って貰ってからどれくらい経ったらしてもいいのかなあ。もちろん貰った時のお礼にちょっとしたお菓子なんかをお返ししたのだけれどそれだって

 時間がきたので終わります

 
広告を非表示にする

16日目

 台風でこの2日間家から出ていないので昨日に続きましてまた携帯メモの消化をしていきたいと思います。

 ・パン屋さんって色んな種類のパンのニオイが混ざるから美味そうなニオイにつられて買うけど1個1個はそれほどでもない。

 これ。最近気づいたんですけどパン屋さんの色んなパンのニオイが混ざったニオイって最高に美味しそうなニオイがしませんか?焼けた小麦の香りにデニッシュ生地のバターの香りとか、甘いパンのシロップの香りとか惣菜パンのソーセージの香りとか。もう美味そうなニオイが混ざりあったるつぼのような美味空間となっていて、ついパンを食いてえという意思をぼくに発揮させてくるんですけど買って帰って家でいざ食べると1個1個の美味さはそれほどでもないんですよね。これをぼくはカオス理論と呼んでいます。

 次。

 ・低気圧で気管支が

 今回の台風の低気圧っぷりがすごいらしくて体調が悪いという話。まだ台風は九州以西にあるという時分の昨日の朝起きた時点でもう気管支がやられて、息をしっかり吸い込んでも肺がうまく膨らまない感覚がある。自律神経がおかしくなったなという自覚があったので穏やかに過ごしていた。そのせいで日常生活に何もフックがなかったので携帯メモの存在がありがたい。

 子供の頃から運動性喘息を持っていて、体育の時間に持久走なんかをやるとゼーゼーいって苦しんでいたものだけれど。大人になってからは一切発作も起こらないし、風邪をひいた時に3回に1回くらい気管支をやって喘鳴がするようになるくらいでひどい発作にはならないのだけれど、今回の台風は真っ先にぼくの気管支をやりにきたので相当やばいですよ。

 ・スコーンがすこ

 これは多分頭がおかしい時間帯に書いたやつだと思うんですけどスコーンが好きなんです。スコーンといっても英国で唯一美味いものとか腹割れがどうとかスタバのチョコレートチャンクスコーンは美味いよねとかいうそっちのスコーンではなくてコイケヤのスコーンです。スーパーで80円くらいの。和風バーベキュー味。

 あらゆるスナック菓子の中でもスコーンは相当優れていますね。まずいいところその1。歯ごたえがある。あのてのコーンスナックの中でも抜群の歯ごたえの良さ。硬い。カリッといける。キャベツ太郎とかうまい輪とかコーンスナックといえば空気を含んだパフ系のスナックが多い中、スコーンのコーン密度はやべえ。食べごたえがある。

 いいところその2。味が濃い。これは和風バーベキュー味限定の話なんですけど味が超濃い。指でつまんで食べると指から一生スコーン和風バーベキュー味のニオイがとれない。それくらい味が濃い。もう一生ぼくの左手からはスコーンのニオイがとれないのかな……って絶望に苛まれるくらいニオイが強くて食べ終わったら必ずハンドソープで手を洗わなければならないくらい。この味の強さは他のスナックにはないですよ。

 いいところその3。腹持ちがいい。ぼくの家には誰に秘密にしておくわけでもないんですがスナック菓子を放り込んでいる秘密の棚がありまして、夜な夜なお腹が空くとその棚からお菓子を取り出しては食べているんですね。その棚に入る条件といえば少量でお腹いっぱいになるものという

 時間がきたので終わります

広告を非表示にする

15日目

 
 
 

 このノンストップライティングを始めてから、何か日常生活の中でフック的なものを感じたら携帯にメモを取るようにし始めました。今日はその箇条書きのメモを上から消化していこうと思います。

 ・ミスドで食べるもの。

 ミスドで何食べますか。大体どの人も決まってると思うんですよね。そもそもミスドに行くタイミングってもはやない。昔は100円セールのタイミングで行けって神がぼくたちに啓示を飛ばしてきていたけれど、もう100円セールやらなくなっちゃったから。じゃあどのタイミングで行くかというとドーナツが食べたい時なんですけど、日常生活の中でドーナツ食べたい瞬間そんなないですよね。ミスドの凋落もわかりみが深いという感じですけれども。

 それで何食べるかっていうと大体ダブルチョコレートですよね。チョコレート生地のドーナツにチョコフィリングがかかったうえに更にザクザクとしたチョコレートを乗っけるというダブルっぷり。これを1個食べただけでもうぼくのドーナツ欲は満たされるのでこれだけでもいいのだけれど、ミスド行って120円だけ払って帰ってくるのもなんだかなあと思って適当にあと2個くらいは買いたい。

 そういう時に期間限定ものは割りとありがたいんだけど今やってる期間限定ドーナツがベジポップとかいう野菜を原料にしたドーナツでお前アメリカンスピリットはどこに置いてきたんだタニタに人質でもとられてんのかって感じでどうも食指が動きません。それで仕方なくポン・デ・エンゼルとかエンゼルクリームとかの軽い生地にクリームを合わせたバランス系のやつにいってしまいます。やはりバランスが重要。

 ところでドーナツポップという40円くらいの一口ドーナツシリーズにある方のエンゼルクリームボールの方が本家本元のエンゼルクリームより美味しい気がしませんか?生地とクリームの量のバランスがエンゼルクリームボールの方がいいんだよなあ。バランスが。

 物語シリーズの忍ちゃんがゴールデンチョコレートが好きだということで試しにゴールデンチョコレートを食べてみたりした時期もあったのですが、そのゴールデンの名を冠するところの黄色いチョコレートクランチの味がどうも舌に合わなくて1度食べたきりだなあということを思い出しました。ココナッツ系の味のチョコレートでココナッツ自体は嫌いでもないんだけどあの味は不思議だったなあ。

 ココナッツで思い出しましたけどリプトンのミルクティー美味しいですよね。コンビニとかで売ってる490ml100円のやつ。中学生くらいから飲み続けてる。二十歳ぐらいの時からこういうの中学生が飲むんだよなあってずっと思ってるけどまだ辞められなくて。だって美味しいから。流石に中学生の頃みたいにパックの注ぎ口に直接口をつけてガブ飲みするようなマネはしないようになりました。ちゃんとストローを使います。40歳くらいになっても飲み続けてたらグラスに注いで飲んでるでしょうね

 市販のミルクティーの中でリプトンだけがココナッツオイルを使っているんですね。これがかなり妙で。リプトンにしかない独自性を持った味に仕上げつつ爽やかな口当たり。他のミルクティーにもココナッツオイル入ってたらリプトンの490mlパック飲むのを辞めるかもしれない。やっぱり心のどこかでこれは中学生が飲むものという意識があるからか買うのが少しだけ恥ずかしいんだけどやっぱり美味しいものは心置きなく楽しみたいから自分の意識を改革したい。

 次のメモにいく。

 ・自分の部屋からゲーセンのニオイがした

 ぼくが普段インターネットをしたりゲームをしたりして暮らしている部屋の話なんですけど、田舎で家賃が安いのと、キッチンが広くて使いやすいということが決めてでぼくはファミリータイプのマンションに住んでいるんですね。で、その3部屋あるなかの1室は色々気にしないで暮らしていてタバコとかも空気清浄機やってりゃいいかと思ってスパスパやっとるんです。

 それである日、暑かったからその部屋を締め切ってクーラーをかけておいて、お風呂上がりにこの部屋で涼しく暮らそうと思ってお風呂に入ったんですよ。そしてお風呂あがってからその涼しい部屋に突入だ~っていう暮らしをしてたらその締め切った部屋からゲーセンのニオイがしてきまして。このクーラーで冷えた空気、ヤニ、電子機器が生み出すホコリの混じった熱風、そのあたりがゲーセンのニオイの正体だと思うんですけど、もう全く同じニオイがして

 時間がきたので終わります

 
広告を非表示にする

14日目

 
 
 

 幼少の頃に見たアニメの内容をちょっとだけ思い出してしまったのだけれど、肝心のタイトルが全く思い出せない。

 そのアニメのあらすじもほとんど覚えていなくて、あるワンシーンのみ強烈に覚えている。それを話すとなぜそんなシーンが印象に残ってるんだと思われるかもしれないけれど。

 バスで旅をしている一行がいて、その一行がある町でレストランに入る。でそのレストランはなんでも注文できるそうなのでラーメンとか、チョコレートパフェを注文するんだけど、出てきたのは全部その注文したものの味がするブロック状のいわゆるディストピアメシだったっていうシーン。

 なんじゃこりゃ。今思い出しても意味わからん。このワンシーンのみを頼りに記憶を辿ってなんというアニメだったかを思い出そうとした。

 まずラーメンじゃなくて正確にはラーメンライスだったと思うんだけど、これを頼んだのがスーツにサングラスをかけた感じの悪そうな男だったはずなんだよね。で、チョコレートパフェの方はこれも正確に言うと「チョコレートパフェと麻婆豆腐」という謎の組み合わせなんだけど、この2つを注文したのはお姫様みたいな格好のピンク髪の女で、注文する時のウキウキな甲高い声がいまでも強烈に覚えている。

 注文内容とブロック状とか、キューブ状みたいなワードで検索したみたんだけど全然それらしいものにヒットしなくて。次は見た方法に着目することにした。

 多分ぼくがこのアニメを見た方法はVHSのパッケージ。なにか白いケースに入っているビデオテープを取り出してこれを見た覚えがある。ぼくの幼少の頃に発売した、恐らく1990年前後にパッケージ化しているテレビアニメかOVAのはず。そのあたりでハッキリと思い出したことがあって、「ウルトラマングラフィティ」という1990年に発売されたOVAと同時期に見た覚えがあったんだよね。だから完全にそのあたりに狙いを絞ってその当時に放映または発売されたアニメを全てローラー作戦で調べることにしたらついに発見した。

 「青いブリンク」である。

 f:id:flachi:20170915210642j:plain

 バスで旅をして主人公の父親を探すアニメで、旅する一行にピンク髪のお姫様と目の周りを隠すマスクをしたスーツの男がいた。完璧に一致しているのである。

 この作品を見つけた時思わず叫んでしまった。「ああ!これ!」って感じだ。早速その作品名で検索して例のディストピアレストランの話が何話なのかを調べようと全話あらすじを見てみたのだが。思えば明らかに続きものの話の中のワンシーンだけを覚えているのか、家にその真ん中あたりの話の巻だけがポツンとあったのか謎は残るのだが。しかしそこにぼくの思うシーンが存在しそうな話が一切ないのだ。

 いやいやいやいや。そんなあらすじにもかからないようなどうでもいいシーンを覚えていることある?「人間のいない機械の町に辿り着いた一行は」みたいな文言がないの。ディストピアメシが出てきそうな話がない。しかも居なくなった父親が実はラスボスで最後は夢オチになるという重大なネタバレを食らった。このオチのせいでネットでこの作品の評判を調べるとまぁ悪い悪い。しかもこの作品の次の番組が不思議の海のナディアだったせいで更に評価が落ちてる感がある。

 ここまで評判が悪いとされている全39話のアニメ。記憶の底からすくいだしたディストピアメシのワンシーンを確認するためだけに全話見る度量はぼくにはない。この記憶は闇に葬り去ることにしようかな。

 ところでこれを思い出すついでに思い出したようなものの「ウルトラマングラフィティ」は死ぬほど面白いから見てね。全1巻6話で見やすいし。ウルトラマンがサラリーマンになって暮らす中年の悲哀に溢れる

 時間がきたので終わります

 
広告を非表示にする