冬レース完結。

  • 01.SHIROBAKO

▲ここまで上位

 SHIROBAKO。宮森が可愛すぎるんだよなあ。特に性格が。アニメーション制作進行くろみちゃんの絵だとしても宮森の可愛さは現代で通用する。宮森が可愛すぎるがゆえに業界アニメになりきれず萌えアニメになってしまうのではないかと心配するくらいだが、男キャラはデブと変人だけにしてマトモそうな松岡くんのキャラは飛ばすという水島努のバランス感覚はやはり素晴らしい。
 8話の絵麻が現実の猫を見て動物を描くための参考にするシーンなんかも視聴者からしてみたらアニメの猫見てアニメの猫描く勉強してるっていうメタ構造がものすごく奇妙で、そういう変な部分に惹かれるんだよなあ。
 UBWは視聴者がみんなUFOクオリティに慣れてきたことが酷だなあと思います。かく言う僕も慣れてしまった一人であるし。原作が原作だからもう作品としての驚きが僕にとっては残っていなくて、やっぱりこれは10代そこらのfateもufoも知らない子に向けた作品にならざるを得ないなーと思います。
 寄生獣は原作パワーに頼ってるだけ。
 今期の問題作といえる結城友奈。意識が供物となって神樹と対話した友奈が一人で戦い続けるエンドだとしたら、最後の立ち眩みの演出なんかもっとやりようがあっただろうになあ。今後の作品展開を見越して70%くらいにセーブして作品をまとめきらなかったということなら本当に勿体無いことをしたと思う。そもそもこの作品、まどかへのアンチテーゼとして作ったっていうなら友奈一人の自己犠牲でオチをつけるわけにはいかなかったんだろうけど、その辺りどうなんですかね?
 甘ブリは原作とテーマがまるで違っているので意味不明としか言いようがない。京アニジブリになりたい感はやばいと思う。そういうのはカラーとかマッドハウスにやってもらおう。
 サイコパス2は薄くてそもも1クール持つような話ではなかった。
 BFはセイきゅんとドモンを早く出してください。

広告を非表示にする